薬の問題

薬の影響で、酔いやすい、車が運転できない、ということがあります。精神的に心療内科や精神科にかかっている人は、意識していないだけで、実は薬の問題が発生していることがあります。たとえば、交通事故で精神科にかかっている人であれば、PTSD(心的外傷性ストレス症候群)と診断された場合には、不眠やイライラ、頭痛などの症状が発生することがあります。これらの薬の中には睡眠薬や精神安定剤、消炎鎮痛剤などが処方されることになりますが、眠くなる、判断能力が鈍くなる、などの症状があります。
また、これらの薬に関連して、免許の更新ができなくなることがあります。これは運転に支障をきたすからであり、担当の医師が特段、認めない限り今後の更新ができない状態が続いてしまうことになります。そのような状況を改善するためにも、特に車で酔いやすい人は、この薬との相性を確認しておかないと、健康上の負担があまりに大きい可能性があります。自分の体力的に余計に負担がかかっていないのか、などは事前に良く確認しておくことが大切です。薬のせいで運転全体が阻害されてしまっている可能性もあるので、十分に体力的に問題がないか、ということをチェックしておくことが大切になっていきます。

コメントは受け付けていません。